3.毎日のストレッチ指導||検査治療システム|小学生の内股を矯正器具で治療します。

検査治療システム

3.毎日のストレッチ指導

3 毎日のストレッチ 

line02.jpg


日常生活の中で間違った姿勢をとっていたために筋肉のバランスが偏っています。stretch.jpg
この偏りを解消してバランスの取れた筋肉の使い方ができるようにします。

・固まった筋肉はストレッチでほぐします。
・伸びてしまった筋肉はエクササイズで強化します。


症状別に効果的なストレッチとエクササイズを丁寧に指導いたしますので
毎日ご家族の協力のもと実践してください。

毎日10~20分程度です。

お子さんとのコミュニケーションの1つとして取り組んでください。



★自己流に注意★

筋肉の正しい使い方を理解している指導者の元で適切な指導を受けながらストレッチ、トレーニングを行うことが大切です。

形を真似しても、誤った筋肉の使い方をしていると、鍛えたいところとは別の箇所に余計な負荷がかかりかえって体を痛めたり、 症状を悪化させてしまうこともあります。

また、大人の体と子供の体では骨や筋肉の強度が異なります。
身長が同じだからと言って、成長過程にある子どもに大人と同じ負荷のかけ方をさせてしまうのも危険です。

適切な指導者のもと、適切なストレッチ、トレーニングのチェックを通院にて行うよう心掛けてください。

当院では、
1.現状把握 
2.適切な治療方法
  例)ストレッチの種類、トレーニングの種類、(頻度、回数、負荷 等)
を個別に指導しています。