「成長痛」とはどのようなものなのでしょうか?|症状に関する質問|よくある質問|小学生の内股を矯正器具で治療します。

よくある質問

Q「成長痛」とはどのようなものなのでしょうか?

「成長痛とは急激な子供の骨格の成長によって生じる下肢の痛みの総称だ」と現在日本や韓国国内では
広く認識されています。
その為に、成長期が終わり自然に痛くなくなるまで様子を見ている場合が多くみられます。
また、そのようにアドバイスを受けることが多いかと思います。
持続する下肢の痛みが本当に「成長痛」であるならばそれで問題はありませんが、
その中には原因が「成長痛」ではない痛みも含まれている可能性があります。
まずは医療機関に行き、以下のような成長痛以外の原因がないかを確認することをお勧めします。

〈小児の下肢の痛み〉
・出血
・感染症
・骨壊死
・血管性
・先天性
・腫瘍
・膠原病
・発達性・・・・下肢変形(当院の専門分野)
・成長痛

そのうえで成長痛の診断に見合うかどうかを確認します。

〈成長痛の診断基準〉
・少なくとも3か月以上持続する痛み(痛みは間欠的で、数日~数か月症状のない期間がある)
・痛みは夕方あるいは寝ている間で関節痛や睡眠を妨害するほどの痛みは無い
・レントゲン像、血液検査、身体検査は正常
・間欠的で両側性
・脛や太ももの前の部分に限定されている
・レントゲン所見や血液所見に異常がない

更に最近の多くの研究結果においては「成長痛」は骨格の成長とは関係がないことが解ってきました。
実際に両親が成長痛だと思っている子供達を調査してみたところ、扁平足、大腿骨過前捻、脛骨内捻、O・X脚、脚長差、骨盤の歪み等、下肢の構造的な問題が多くみられました。
持続的に脚・足に問題に痛みを感じる場合は「成長痛」だと決めつけずに、専門医にかかり、診断を受けることをお勧めします。