書籍紹介「韓国の名医40」|アイレッグ通信|アイレッグニュース|小学生の内股を矯正器具で治療します。

アイレッグニュース

2016年08月04日

書籍紹介「韓国の名医40」

韓国で出版された書籍の紹介です。

韓国の名医40.png

患者中心の仁術を繰り広げる『韓国の名医40』

こちらの書籍に 韓国アイレッグクリニックプラス医院 ソン・ドンホ院長 が名医40名の一人として掲載されました。

韓国アイレッグクリニックHP

以下、韓国HP

――――――――――――――――――――――――――――――――

この書籍は医療界、各分野の韓国を代表する病院と医者40名を選定し、
それぞれの診療分野と治療法に対しての説明を掲載しています。

この本に紹介されている韓国の名医40名は皆さん特定の分野で
長きに渡り患者を診療し学問的研究を並行してきました。

その治療領域でほかの医者が成し遂げる事ができなかった治療成果を
生み出してきた功労が認められ『韓国の名医』として選定され紹介しています。

内股、X脚、O脚_下肢矯正専門医院として韓国アイレッグプラス ソン・ドンホ院長の話も掲載されています。
名医40Drソン.jpg

~本書掲載略~

・座敷文化が子どもの脚の変形を生じさせます。

・小児足部医学での先駆的役割

・内股歩きは原因分析が重要です。

・下肢矯正治療が必要な状態

O脚の誤解と真実、病的O

・正しくない骨格姿勢は成長に悪影響を与えます。

・正しい骨格に導くための良い姿勢

-------------------------------------

韓国ではこの治療を開始してからすでに15年以上経過。
順調にTCR(アイレッグ式矯正治療で使用している矯正器具の一種)は成果を出しています。

日本で金成彌院長がアイレッグ式矯正治療の外来治療をにっとのクリニックで開始したのは2012年から。

実績も5年目を迎え、2016年1月には御茶ノ水にてクリニックを立ち上げ矯正治療を実施しています。

現在、韓国と同様の矯正治療が日本の御茶ノ水( 金成彌 院長 )で可能です。


お子様の下肢について気になることがありましたら是非一度当院にご連絡ください。

電話 03-5244-5333
メール https://www.i-leg.jp/ contact/