ジュニアアスリート|アイレッグ通信|アイレッグニュース|小学生の内股を矯正器具で治療します。

アイレッグニュース

2017年08月18日

ジュニアアスリート

この言葉ご存じでしょうか?

プレ・ゴールデンエイジ( 5~8歳頃 )



ゴールデンエイジ( 9歳~12歳頃 )



ポスト・ゴールデンエイジ( 13~15歳頃 )



インディペンデントエイジ( 16~18歳頃 )



この用語をすぐに理解された方はきっとスポーツがお好きなのではないでしょうか?soccer_dribble2.png



それぞれの年齢、成長ステージに応じて 練習内容、精神への働きかけ も変わるように、身体のメンテナンスのアプローチ方法も異なります。

soccer_lifting.png

特に ポスト・ゴールデンエイジといわれる年齢層は成長スパートも同時におきるため、当院の矯正治療方法としてはこの年齢層より前が最適となっております。

脚が曲がったまま身長が伸びていく状態、成長する姿を想像してみてください。

そのような状態ではどんなに一生懸命練習に励んでも 怪我、故障 を誘発する事も多くなりますし、思うようなプレーがかなわなくなることが予測されます。

sports_soccer_kega.png



日々の肉体鍛錬だけでなく、やはり身体のメンテナンスとして子さんの体の基盤となる脚・足の状態着目してください。



soccer_victory.png

☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆

☆ほかの子と比べてうちの子の 立ち姿 がおかしいな?

☆ほかの子と比べてうちの子は走り方・歩き方がおかしいな?

☆ほかの子と並んでみたらうちの子の 脚の形 がなんとなくおかしいな?

まずは 初診 で現状把握をしませんか?

当院は小児科専門医の医師のもと、レントゲン撮影も可能です。

少しでも気になることがありましたら是非お問合せください。

tel.png

※当院は完全予約制のクリニックです。