治療の3本柱|アイレッグ通信|アイレッグニュース|小学生の内股を矯正器具で治療します。

アイレッグニュース

2019年11月13日

治療の3本柱


当院では治療の3本柱として

3本柱.PNG

1 矯正器具の装着 

2 日常生活の改善 

3 毎日のストレッチ・トレーニング 

があります。

初診の際、

どのような治療が必要か?

どのくらいの期間が必要か?

各自にあった治療方針を院長よりご提示いたします。

症状によって、矯正器具が必要ないケースもございます。

お子様の脚・足についてお悩みがありましたらまずは 『 適切な現状把握 』 をしてはいかがでしょうか?




☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆



☆ほかの子と比べてうちの子の 立ち姿 がおかしいな?


☆ほかの子と比べてうちの子は走り方・歩き方がおかしいな?


☆ほかの子と並んでみたらうちの子の 脚の形 がなんとなくおかしいな?


まずは 初診 で現状把握をしませんか?

当院は小児科専門医の医師のもと、レントゲン撮影も可能です。



少しでも気になることがありましたら是非お問合せください。

tel.png

※当院は完全予約制のクリニックです。