スポーツ×内股矯正のタイミング|アイレッグ通信|アイレッグニュース|小学生の内股を矯正器具で治療します。

アイレッグニュース

2017年11月20日

スポーツ×内股矯正のタイミング

平成23年(2011年)に制定された『スポーツ基本法』、そしてスポーツ施策の具体的方向性を示した『スポーツ基本計画』(2012年)に基づき、国レベルで子どもの体力向上への取り組み強化が現在推進されています。 とはいえ、いきなり難易度の高いことを強要しては怪我のもと。

スポーツは発育に合わせた発達を促すトレーニングでもあります。そのため年齢ステージにあわせた各種目のトレーニング方法が存在しますがトレーニングのみならず、スポーツをするならば今現在のお子さんの体の状況にもしっかりと目を向けてください。

曲がった脚のまま、トレーニングに力をいれても大丈夫? これから成長していく過程で気になる症状を放っておいたらどうなるでしょう?

将来を夢見て一生懸命、練習しても成果がでなかったり怪我ばかりにならないためにも まずは脚・足の状態を整えましょう。


詳しくはこちらから