内股_股関節 と スポーツ ①|アイレッグ通信|アイレッグニュース|幼児、小児を中心とした(中・高校生も対応可能)、内股、X脚、O脚を手術せずに矯正します。

アイレッグニュース

2018年07月05日

内股_股関節 と スポーツ ①

『 内股 』 のお問い合わせいただく中で 内股歩きのお子さんには 『 股関節 』部分に問題があるケースもあります。


『 骨 』に問題があるわけではなく股関節で靭帯や筋肉が硬縮しているために大腿骨が内側に回転している場合(大腿骨内側位置)です。


◆過去記事_内股を起こす3つの要因・・・大腿骨内旋のケース

uchimata03.jpg

異常:膝小僧が向き合うほど内側に回ってしまっている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


当院の治療を受けているお子様には運動能力の高いお子さんも多くいらっしゃいます。

運動神経が良いのになぜ当院を受診?


なぜなら ハードな練習もこなし、高い結果もある程度まで出ているのですが もう一つ上を目指すときに問題となっているのが身体のバランス。

特に下肢です。

繰り返し同じ箇所に痛みが伴い、痛みがひくまでは安静にし、またハードな練習をすると痛みがでてくる。

そんな悩みを小学生のうちから抱えているのです。

可動域が狭い、拘縮した状態で脚も内側に引っ張られ『 内股歩行 』となり当院を受診するのです。

要因の一つに『 股関節 』の問題があるなど想像するでしょうか?

身体が硬く股関節の可動域が狭いなど十分に能力が発揮できる身体になっていないのです。

バランスの崩れた下肢でハードな練習を繰り返した結果が故障。


もし少しでも気になるようでしたら早期受診をお勧めいたします。

激しい練習をする前にまずはお子さんの体をしっかりチェックし、問題があるようでしたまずは整えることから始めませんか?