治療システム|検査治療システム|アイレッグ|SP版

HOME  »  検査治療システム  »  治療システム

検査治療システム

治療システム

〇治療の三本柱

家庭でのご家族の協力が治療には大切です。

system101.jpg

1 矯正器具の装着 

≪下肢装具≫
・毎日就寝時 最低3時間 の装着を行います。
・寝ている間に矯正する事ができるのでお子様の日中の活動に支障をきたしません。

≪足底装具≫

当院の足底装具は症状に合わせて作る完全オーダーメイドです。使用時間が長ければ長いほど効果を発揮します。


go.jpg


2 日常生活の改善 

内股、O脚、X脚などの状態を引き起こす原因は毎日の座り方の習慣です。
この間違った姿勢の習慣を正すことが治療で最も大切となります。
『 正しい姿勢 』  『 正しい座り方 』が身に着くようご家庭内でお子さまの生活に留意ください。


go.jpg

3 毎日のストレッチ 

・症状別に指導いたしますので毎日ご家族の協力のもと実践してください。

・毎日10~20分程度です。

・お子さんとのコミュニケーションの1つとして取り組んでください。


go.jpg

stretch.jpg

 

★自己流に注意★

筋肉の正しい使い方を理解している指導者の元で適切な指導を受けながらストレッチ、トレーニングを行うことが大切です。

形を真似しても、誤った筋肉の使い方をしていると、鍛えたいところとは別の箇所に余計な負荷がかかりかえって体を痛めたり、
症状を悪化させてしまうこともあります。

また、大人の体と子供の体では骨や筋肉の強度が異なります。
身長が同じだからと言って、成長過程にある子どもに大人と同じ負荷のかけ方をさせてしまうのも危険です。

適切な指導者のもと、適切なストレッチ、トレーニングのチェックを通院にて行うよう心掛けてください。

当院では、
1.現状把握 
2.適切な治療方法
  例)ストレッチの種類、トレーニングの種類、(頻度、回数、負荷 等)
を個別に指導しています。