院長・病院の紹介

HOME  »  院長・病院の紹介

院長・病院の紹介

introduce_top01.jpg

乳幼児期の偏った姿勢習慣により、成長に伴って下記のような症状がみられることがあります。

case001.jpg

case002.jpg

case003.jpg

case004.jpg

これらの状態をそのまま放置すると、成長の低下や歩行障害、腰痛だけでなく、変形性関節症、肥満や美容上の問題にまで悪影響を与えてしまいます。 当院では手術をすることなく、以下の3つの治療方法で改善することができます。

1 矯正器具(毎日就寝時、最低3時間の装着、
日常生活に影響はありません)の装着、
インソールの使用による矯正治療
 
2 日常生活の改善指導

3 毎日のストレッチ指導

お子様の健やかな成長を助けるために早期の治療・矯正をおすすめします。

院内の紹介

待合室

多様な絵本を取り揃えました。ゆっくり読んで待ち時間をすごせます。小さなプレイルームになっており、診察前のお着替えを済ませてから素足でも過ごせるようにしております。

machiaishitu.jpg

レントゲン室

初診時にレントゲン撮影を行います。見慣れない機器が並ぶため、お子さんの不安を軽減できるよう優しい雰囲気を心がけています。

roentgen.jpg

第一診察室

主にこの診察室で下肢診断を行います。ご家族で診察風景を見守り、ゆっくりと説明、相談できるようゆったりとした空間を設けております。

room.jpg

診療時間案内

診療時間案内

祝日・日曜・月曜は休診

»臨時休診のお知らせはこちら

»セミナー開催日程

【 初診受付時間 】
=未就学児予約可
=14:00予約のみ。未就学児予約可
=小学生以上のみ予約可
・当院は『 完全予約制 』 です。
キャンセルの際は4日前までにご連絡願います。

»初診について

アクセス

map.jpg

[ 電話番号 ]

03-5244-5333

〒101-0062 東京都千代田区
神田駿河台1-8 タニグチビル5F

ドクター紹介

docter01.jpg

 金成彌 (キム・ソンミ)

[ 略歴 ]

東邦大学医学部卒業
小児科専門医
順天堂大学 小児科・思春期科学教室 非常勤助教
アイレッグ式下肢矯正認定医第一号

約5年前から 「韓国ソウル アイレッグプラス医院」にてソン・ドンホ医師に指導を仰ぎながら、 小児科医として活動する傍ら目黒区「医療法人社団 順伸クリニック にっとのクリニック」において アイレッグ式矯正治療を実施し、日本での治療の必要性を実感。 2016年1月、御茶ノ水にて 下肢矯正 アイレッグ クリニック を開院

rinen01.jpg

rinen02.jpg